初学者が仕事で通用するプログラミングスキルを最短距離で身につけるには?

こんにちは。

今回は、

【仕事で通用するプログラミングスキルを最短距離で身につけるには?】

といったことに着目して記事を書いてみました。

あまり、文章を書くことは得意ではないので、箇条書きで書き出してみました。

プログラミングスキルを身につけたいと思っているみなさんの参考になれば幸いです。

仕事で通用するプログラミングスキルを最短距離で身につけるには、スクールが最適な理由

  • 独学だと、現場でどのような知識が必要か不必要かの取捨選択がしにくい
  • ちゃんとしたスクールだと、現場にでたことのあるエンジニアがいるので、現場の感覚を教えてくれて効率的に学べる

 

例)英語の勉強をする時に、

  • 参考書がない状態で学ぶ(独学)
  • 参考書があって、アメリカで暮らしたことのある人にも頼れる状態で学ぶ(スクール)

ということ。

スクールで学ぶ方がスムーズにいきそうですよね。

独学だと、ひたすらググりながら、時間がかかってしまいそう。

オンラインプログラミングスクールを受けての実体験

僕は、skillhacksというオンラインプログラミング講座を受講して、かんたんなwebアプリケーションをつくりことができるようになりました。

下記が自分の体験記事です。

Skill Hacksというオンラインプログラミング講座を受講しました。

【徹底レビュー】SkillHacks受講後、1ヶ月経過した感想

メリット

  • webアプリケーションを作って、世の中に公開するところまでが体系的にまとまっていて、スムーズに学習できた

デメリット

  • プログラミングスクールのカリキュラムが終わった後の学習に戸惑う。
  • なぜなら、参考書があった状態から、急に参考書がなくなった状態になるから
  • 解決策としては、自分が作りたいと思ったサイトの真似をすることである。
  • 例)ログイン機能を作りたいけど、わからないという状態になる。
  • そこで初めて、自分で「ログイン機能 作り方」などで検索をして、無事作ることができたら、たいていの機能は自分で作ることができる

まとめ

  • 最短距離で活躍できるエンジニアになるには、初学者はさっさとちゃんとしたスクールに通って、プログラミングスキルを身につけよう。

 

取りあえす、自分の実体験をまとめてみてわかったことは、

【初学者にとってプログラミングスクールは、エンジニアになるための最短地図を教えてくれる攻略本である】

ということです。

自分もまだまだ、エンジニアになれていない大学生ですが、しっかり、ポートフォリオを作って、仕事ができるレベルのエンジニアを目指します!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

アバター
大学生ブロガー。小中学校で地元最弱ゲーマーを誇る。 【これまでに見たアニメ】メジャー(全部見た)、ドラゴンボール(GTは見たことない)、ナルト(いま、第四次忍界大戦)、ワンピース(いま、クロコダイルに会う前)、burn the witch。 実は優柔不断、飽き性の先駆者。/水の呼吸